ともりんのひみつ?日記

色付き部分のサムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます(一部除く)。

2019年07月02日(火)  チリ日食 4日目
本日は、いよいよ日食当日。1人残ったホテル(マンション)で迎える朝は、やや雲のある空でした。寒流の影響か、日本のやませのような雲のように感じました。一方、その寒流-フンボルト海流-はチリに乾燥をもたらすとのこと。お蔭で、昼前には見事な晴れに。
昨日のピザを食しつつ、準備完了。といっても、昨日より機材動かしていないので、連続食分用の三脚をたてるだけでしたが(笑)。意中は記念灯台。このために1人残るようになったようなもの。願うはきちんと構図内に入ってくれること。
午後になりいよいよ本番へ、しかし気持ちが切れていました。待ち時間が長すぎです(笑)。それで、この後、大失態を犯すことに(汗)。始まり前にリストを確認。そもそも、国立天文台の予報時刻がチリ標準時(UT-5h)で、ラ・セレナの時間(UT-4h)と違っていたので、大混乱に(汗)。しかも、日本と12時間前後という時差にも混乱に拍車が。
第一接触(日食)が始まる前には眼下の海岸には数万人に(汗)。ものすごい数に慄くほど。そして、こちらは高みの見物ができましたが(笑)。昨日街中で見かけた大道芸人が芸を披露していました。それも各所で(笑)。人が集まるので、警察ヘリ消防ヘリが15分おきくらいに巡回していました。こうして、日食開始!!

「記念灯台を経過する日食」
Nikon D610+Ai NIKKOR24mm(F2.4→4)
13時49分から17時54分【現地時(UT-4h)】を5分間隔(皆既の前後のみ10分間隔)で撮影(1/60〜1/2秒 ISO200)したものを48枚(比較明)合成
皆既は、16時39分51秒【現地時(UT-4h)】1/2.5秒
チリ共和国コキンボ州ラ・セレナ
<コメント>
記念灯台(Faro Monumental)をモチーフに日食の連続写真を撮影。多くの人が、(そのスマートフォンの明かりなど)写り臨場感を生み出してくれた。
そして、その場で見ているような本影錐も印象的になった。

「全行程」
タカハシFS60CB(D=60mm f=355mm)+Nikon D850
15時19分から17時49分【現地時(UT-4h)】を10分間隔で撮影(1/8000〜1/80秒 ISO100・200)したものを16枚(比較明)合成
皆既は、16時39分31秒【現地時(UT-4h)】30秒 ISO100
チリ共和国コキンボ州ラ・セレナ
<コメント>
望遠鏡で撮影したものを一枚にまとめてみた。しかし、皆既中にフィルターを外し忘れてしまったのは残念なところ。しかし、極小期のコロナも写すことができた。
第三接触(16時40分36秒【現地時(UT-4h)】)
川の移動>(1時間間隔で撮影、海岸線が沖に進んでいくことが分かる)

第二接触前までは大興奮群衆でしたが、第三接触後はやや大人しくなったように感じまし(笑)。初めて見る皆既日食に、何やら宗教的なものを感じたのでしょうか。
しかし、第三接触後は帰宅を開始される人々大渋滞が発生していました。そんな中、大道芸は健在でしたが(笑)。

夜遅くなって、内陸部のキャンプ場で観測されていたメンバーがホテルに帰着。何でも日食渋滞に巻き込まれたとのこと。お疲れ様でした。こちらも大成功だったようす!

こうして、雄大な天文ショーを堪能できました4日目終了。5日目に続く。

ラ・セレナ泊
Trackback(0)
コメント
  • Hira(2019/07/08 22:22)
    見事な連続写真!好天で良かったですね。
  • ともりん(2019/07/09 03:08)
    ありがとうございます!
    最初から最後まで雲に邪魔されなかった初めてだったように思います(笑)。
    記念灯台は、2日間ホテルに(1人で)引きこもりしたかいがありました。
    もとより、ここを予約してくださいましたF先輩には感謝しきれません。
  • ともりん(2019/07/31 03:28)
    「記念灯台を経過する日食」が星ナビ9月号(8月5日発売)の表紙に採用されることになりました。
    お手に取っていただけますと幸いです。
Name   Message   

2019年05月24日(金)  比内鶏つくね
19-05-24-01.jpg 200×150 24K今晩は、19日に購入した土産のうち、比内鶏つくねにしました。
比内鶏の卵と一緒に楽しんだのですが、つくねの組み合わせは武蔵溝ノ口たまい(外)さんの(金運つくねの)アイディア拝借しました。

 <本日の物欲>
 ひげを剃る。そして女子高生を拾う。(1) しめさば / 足立いまる
  ...人気小説のコミカライズ。私もお気に入りの小説なので購入してみました。コミカライズは物理的な制約で原作より量が増えることが多いのですが、この作品は1巻で原作の2/3をカバーしていました。そのテンポの良さ、原作を過不足なく表現していることに好感しました。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月23日(木)  大井町へ(私用)
19-05-23-01.jpg 200×150 27K今年度は、お手伝い仕事からの要請が入ってこないのですが、丸 中華そば(外)でラーメンを食すために本日は大井町へ。定期的に楽しまないとならない体になってしまったので(笑)。
今回も中華そば(大盛り)を楽しみました。美味しい♪

食事前に、ローソンバンドリキャンペーン(外)に参加しました。オリジナル菓子&ゼリーセット(グラス&白桃ゼリー)を購入。
後ほど、つよさまより3月19日に始まったキャンペーンだったとのことを教えていただきました。よく残っていたなぁ。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月22日(水)  塾関係者学校説明会 / 担々麺
19-05-22-01.jpg 200×150 23K本日は石川町にある私学塾関係者学校説明会に参加させていただきました。初めての学校だったので、今週末運転されるY160記念号撮影地はないかと行きましたが、なかったというか線路が見えませんでした(涙)。

私学の学校は総じて、生徒募集に苦労しているようですが、こちらでも特色のある学校づくりを行っている点に感心しました。ただ、社会人向けの説明会にしては、段取りが悪かったような。。。

-
説明会後に、旭酒楼(外)さんに入り、昼食を取ることに。シンプルながらスタイリッシュなデザインの店内に好感。それで注文したのはタンタン麺セットラー油が練り込んであるのか麺が、うすい赤色で驚かされました。そして、美味しかったです♪
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月21日(火)  鎌倉のクッキー
19-05-21.jpg 200×150 23K先の週末は太平洋にあった強い高気圧のおかげで、最高の天気で撮影することができたのですが、その高気圧もいよいよ東に進み、本日は寒冷前線が通過。未明から降り出して雨が午前中に大雨になりました。
本日、地元中学校の中2の生徒たちが鎌倉へ遠足に行く日。やはり大変だったようですが、元気に今日来て、鎌倉の話をしてくれました。中には土産を買ってくれくれる生徒もいました。自分たちも大変だったのに、こちらにも気を使ってくれる気持ちが嬉しかったです。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月20日(月)  鰰寿司
19-05-20.jpg 200×150 23K本日の夕食は、前日に購入した鰰寿司にしました。深い味の鰰に少し発酵させた酢飯があって美味しかったです♪
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月19日(日)  秋田・青森遠征2日目
本日も急行津軽号の撮影に。今朝も4つの温泉を楽しんで、ぱぴぃさんと宿を後に。お世話になりました。温泉も良かったですし、「電気の無い生活」、また楽しみたいです。
今日は八郎潟俯瞰するポイントから撮影することになり、まずは秋田方面へ。途中の峠道から見える岩木山、雄大でした。
途中、道の駅「たかのす」(外)で休憩。大太鼓の館では、日本一の大太鼓を見学できるとのこと。しかし、何故にキティちゃん?道の駅内では、米代川浸水予想図がありました。17年7月(外)大雨に遭いましたが、確かに必要ですね。

そして、高岳山俯瞰ポイントへ。八郎潟と列車を俯瞰で撮影できる有名ポイントで、以前から気になっていたポイント。常福院裏にある浦城址駐車場ともりん号を止めて、参道へ。前日、高岳山の俯瞰ポイント展望台で鉄道ファンの転落事故があり、通行止めなどの措置がなされていることを怖れていますが、無事に入ることができました。
途中、副川神社奥院への階段を登ることになったのですが、高低差があって大変でした(汗)。ぱぴぃさんに何度か歩調を合わせていただくことになったのですが、ありがとうございました。
そして、山頂に到着。展望台もありましたが、これは転落事故のあった展望台ではないですよね。山頂も展望台も線路が見えそうにない(ように思われた)ので、登山道中段の鳥居付近にて、数名の同業者さんの間に入らせていただき、ぱぴぃさんと展開。ここでも十分に八郎潟のパノラマが広がっていました。事前に、a2cさんからもアドバイスを受けていたのですが、十分に活用できずにすみませんでした。
列車を待っている間、途中大館駅花善(外)さんで購入しておいた(ぱぴぃさんに買い出ししていただいた)鶏めし朝食。うーん、目の前に雄大な景色もあいまって、美味しかったです♪

「八郎潟を望む中走る津軽号」
10時38分 85mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO400
奥羽本線 八郎潟-鯉川間(地図)
八郎潟駅より徒歩70分ほど(目測)
浦城址駐車場から20分
午前(日の長い時期の早い時間)順光
<コメント>
副川神社奥院への参道(三つ目)の鳥居付近から撮影した急行津軽号(9401レ)。同を望遠(180mm)でも撮影。
EF510形510号機牽引の貨物列車(7099レ 10:10通過)

撮影後、下山開始。高低差があったので帰り(の階段など)も大変でした(汗)。翌日以降、筋肉痛になりそうだなぁ。。こうして、下の段にあった副川神社里宮まで戻ってきたのですが、ここからの眺めも素晴らしかったです。
本日は、急行津軽号の追いかけは(間に合わないので)せずに観光モードへ。道の駅 五城目(外)土産物を購入して、秋田の道の駅あきた港 セリオン(外)へ。秋田周辺の撮影(特に男鹿線)で見かけるセリオンタワー、ようやっと近くで見ることができました。敷地内では地魚フェスティバル2019が行われていて駐車スペースの確保が大変でした(汗)。そして、敷地内では秋田犬に出会うことができました。そして、館内では軍艦防波堤のパネルを見ることができ勉強になりました。地魚フェスティバルも気になりましたが、セリオンタワーの展望階へ。本日も天気が良かったので、大パノラマが広がっていました。

「扇状に広がる」
12時11分 28mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO400
秋田臨海鉄道 秋田港駅(地図)
お昼頃順光
<コメント>
土崎港に隣接した秋田港駅を秋田ポートタワーセリオンより撮影。

そして、お昼を取るためセリオンカフェへ。今年北海道日本ハムファイターズに入団した吉田輝星選手サインボールが出迎えてくれました。2人で注文したのはランチセットインスタ映えする写真になりました。インスタはやっていませんが(汗)。
展望階での目的は、昼食を取ることと秋田臨海鉄道の撮影。残念ながら、後者はできませんでした。貨物列車なので、休日は運休だった様子。
セリオンタワーを下り、セリオンリスタへ。同じく吉田輝星選手契約書サイン時写真が展示されていました。ここでの目的はもうひとつありまして、うどんの自販機に会うこと。NHKの番組で紹介されて以降、ようやっと見ることができました。残念ながら、点検中で食すことできませんでしたが(涙)。しかし、併設の道の駅で(インスタントタイプを)購入することは、できました♪
道の駅あきた港 セリオンから秋田空港へ。ここで、大阪に戻られるぱぴぃさんとお別れ。2日間、お世話になりました。
お別れをした後で、返し(湯沢に向かう)急行津軽号の撮影へ。いろいろ悩んだ末、95kmほど戻り、(奥羽本線の)米代川橋梁で行うことにしました。

「米代川を渡る津軽号」
16時53分 85mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO500
奥羽本線 富根-二ツ井間(地図)
二ツ井駅より徒歩45分ほど(目測)
午後(日の長い時期の遅い)順光
<コメント>
米代川を渡る急行津軽号(9402レ)。
EF510形510号機牽引の貨物列車(7098レ 16:43通過)

ここでの撮影は3度目になりましたが、ようやっとまともに、そして晴天下で撮影することができました。
撮影後、米代川に沿って河口方面へ。途中、水田がとてもきれいでした。米代川の河口付近の目的は、五能線の撮影。同じポイントで、2列車の撮影を予定していましたが、ポイントを変えて撮影することができました。

「米代川を渡らんとするリゾートしらかみ号」
17時50分 58mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO640
五能線 能代-向能代間(地図)
向能代駅より徒歩30分ほど(目測)
午後遅い時間順光
<コメント>
米代川を渡るブナ編成のリゾートしらかみ号(8524D)。

「夕陽が照らす米代川を渡る」
18時16分 28mm(35mm版) 1/800秒 f8 ISO400
五能線 能代-向能代間(地図)
向能代駅より徒歩25分ほど(目測)
午前(日の長い時期の早い時間)順光
<コメント>
米代川を渡る列車(325D)を吹越排水樋門付近より撮影。

撮影後、湯らくの宿のしろ(外)さんへ。建物は研修センターのように見えましたが、温泉の泉質はなかなかよかったです♪ 本日は思った以上に汗をかいていたので、さっぱりました♪
これにて、全課題終了。帰還行動開始。能代南ICから高速へ。その前に給油しようと思ったら、ガソリンスタンドがなかったので、市内まで戻ることになってしまいましたが(汗)。
秋田道から東北道に移り、前沢S.A.夕食三陸めかぶうどんが美味しかったです。そして、満月に近い月を供にして、9時間走り続け、28時頃、無事に帰着することができました。そして、秋田県の能代から無給油で帰ってくることができました。最後の首都高は心臓に悪かったですが。。。
こちらは購入したお土産。今回も買いましたねぇ。

ぱぴぃさんへ、2日間お楽しみ様でした。今回も大変お世話になりました。今回も晴天に恵まれ、とても楽しかったです。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月18日(土)  秋田・青森遠征1日目
この週末、ED75形機関車牽引の12系客車による急行津軽号が、湯沢-弘前間で運転されるとのこと。これをぱぴぃさんと撮影に行くことに。
前日深夜、新横浜でぱぴぃさんと合流。ともりん号で秋田方面へ。首都高速から東北道で北上、途中、佐野S.A.で休憩。(東北道ではいつものように)佐野らーめんを楽しみました。佐野S.A.の物販コーナーは毎回変化があるので楽しいのですが、今回は「けいおん!」メンバーバイクに乗っていました(笑)。さらに北上福島県内に入るとガイナックス制作の福島県警ポスターを発見。新作かな?
東北道北上JCTから秋田道へ。と思ったら、北上西ICから湯田ICまで夜間通行止とのこと(涙)。時間がタイトだったこともあったのですが、仕方なく国道へ。国道は思った以上に順調に走ることができましたし、錦秋湖の美しい光景を見ることできました。運転しながらなので凝視はできませんでしたが、今度は撮影してみたいなぁ。
こうして秋田県内へ。本運転前の送り込み回送列車を、ぱぴぃさんの提案で十文字付近で撮影することに。予想外に鳥海山が見え、構図に悩むことになってしまいました。

「遠くに鳥海山を見る鉄橋を渡る」
7時15分 40mm(35mm版) 1/1600秒 f8 ISO1000
奥羽本線 下湯沢-十文字間(地図)
十文字駅より徒歩25分ほど
午前(日の長い時期の早い時間)順光
<コメント>
皆瀬川を渡る津軽号回送。
奥羽本線全通開業記念の碑
同所反対側でも撮影(180mm)

回送列車十文字付近で撮影。ぱぴぃさんのナビが、ここでもとても助かりました。

「鳥海山を遠望する耕作地帯を走る」
8時26分 50mm(35mm版) 1/1250秒 f8 ISO400
奥羽本線 十文字-醍醐間(地図)
醍醐駅より徒歩20分ほど(目測)
午前(日の長い時期の早い時間)順光
<コメント>
鳥海山を見る耕作地を走る急行津軽号(9401レ)。

撮影を終えて移動を開始。いつものように踏切に近づくと、鳴動が始まりました(汗)。確か定期列車ははなかったハズ。ディーゼル機関車単機回送でしたか(汗)。
弘前にむかう急行津軽号の追いかけ開始。線路に沿った国道などを使うと時間が稼げないので高速へ。秋田道、そして東北道を走行。今回は最高速度110km試行区間をぱぴぃさんに初めて体験していただきました。東北道は(いつも以上に)きちんと制限速度内で走行。「ここは取り締まりがよくあるので」などと話していたら、目の前で検挙されていました(汗)。
意中の撮影地は秋田-青森県境に近く白沢-陣場間。高速移動が順調で、40分ほどのアドバンテージができました。そして、何度か撮影している定番ポイントの駐車場がいっぱいだったので(涙)、すこし南の橋梁が望めるポイントで、ぱぴぃさん(数人の同業者さん)と展開しました。

「新緑と橋梁を見ながら走る」
11時55分 135mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO640
奥羽本線 白沢-陣場間(地図)
陣場駅より徒歩40分ほど
午前順光
<コメント>
白沢-陣場間の上り線を走る列車(652M)。

「新緑に囲まれた橋梁を走る」
11時55分 135mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO640
奥羽本線 白沢-陣場間(地図)
陣場駅より徒歩40分ほど
午前順光
<コメント>
上下分離帯を走る急行津軽号(9401レ)。
機関車の一部に木々がかかってしまったのが残念なところ。

ここから先へは追いかけができないので、お昼タイムを取ることに。ポイント近くの大館矢立ハイツ(外)さんへ。きりたんぽがお出迎えしてくれました。ぱぴぃさんと2人、稲庭天ざるうどんを注文。天ぷらサクサクで、稲庭うどんもつるっとしてて、美味しかったです♪
ここは、温泉も(鉄の香りがするので)好きなのですが、今回はそこまでの時間がなかったので、食後転進開始。そして、思ったより暑くなったので、温泉という気分でもなかったです。
食後、青森県内へ。返しの(弘前からの)急行津軽号の撮影まで時間があったので、撮影ポイントの下見などを行うことに。

「満開を迎えた林檎と岩木山」
14時頃 105mm(35mm版) 1/800秒 f8 ISO200
青森県平川市(地図)
<コメント>
満開のリンゴ畑と、その先に見える岩木山が印象的だった。

りんご畑も見事でしたが、花が小さいので写真にすると見事さが失われるのですよね。。。 そして、急行津軽号碇ヶ関付近で撮影しました。

「田植えを待つ中走る津軽号」
15時51分 50mm(35mm版) 1/1000秒 f8 ISO800
奥羽本線 碇ヶ関-長峰間(地図)
碇ヶ関駅より徒歩20分ほど
午後遅い時間順光
<コメント>
田起こしを前に水を入れはじめた水田地帯を見ながら走る急行津軽号(9402レ)。

そして本日夕方、青森にやってくる(ともりんは失念していた)カシオペア号買い出しをして、再び碇ヶ関で撮影。ここは、16年8月のa2cさんと撮影したポイント近傍でした。買い出しをしておりたのは、撮影後、すぐに宿へ転進しないとならなかったからです。

「満開のりんご畑を走るカシオペア号」
17時20分 90mm(35mm版) 1/1000秒 f5.6 ISO1250
奥羽本線 碇ヶ関-長峰間(地図)
碇ヶ関駅より徒歩30分ほど
終日逆光になる
<コメント>
リンゴ畑を走るカシオペア号。満開のリンゴの花を強調するため縦構図にしてみた。
貨物列車列車(4075レ 17:00通過)
つがる6号(2046M 16:49通過)

17時20分の撮影後、急ぎ宿へ。急いだのは18時チェックイン締切時間だったからです(汗)。九十九折れを2つほど越えることに。ここをともりん走りで通過。16年9月(と一部下見)で走っておいてよかったです。カーブのアールは頭に入っていたので(笑)。途中、(本当ですよ)とを見ながら、宿の駐車場に到着。駐車場から急坂を降りて宿へ。えらい手前に駐車場があると思いましたが、確かにこの急坂4WDなどでないと登れませんね。本日の宿は青荷温泉 ランプの宿(外)さん。今回の撮影遠征の宿探しで、偶然ヒットしたのですが、以前から(TVなどで紹介されたいたこともあり)気になっていた宿だったので、迷わず予約。後ほど、ぱぴぃさんも(予約を)合わせていただけました。チェックイン期限10分後到着。すみませんでした〜。でも、大勢に影響はなかったようすで、安心しました。
それで。通された部屋はこちら。目の前に川の流れがあって気持ちがよかったです。しかし、本当に「電気もねぇ」「TVもねぇ」「(携帯の)電波もねぇ」でした(笑)。後から予約をしたぱぴぃさんの部屋の方が広いのは。。。あれ?(笑)。
夕食前に、まずは健六の湯温泉。いや〜、さっぱりしました♪
そして、夕食。地物の食材を中心としたメニュー美味しかったです♪
ぱぴぃさんは注文した日本酒らんぷの宿美味しかったです。

「ランプで照らされる囲炉裏端」
20時頃 28mm(35mm版) 10秒 f8 ISO400
青森県黒石市 青荷温泉ランプの宿内(地図)
<コメント>
(大)集合所となっていた囲炉裏の間を撮影。ランプが印象的になるように配置してみた。

「八重桜の下の滝見の湯」
22時頃 28mm(35mm版) 60秒 f8 ISO1000
青森県黒石市 青荷温泉ランプの宿内(地図)
<コメント>
滝見の湯の建物前の八重桜が見事だったのでモチーフにしてみた。暖簾を直したりと、苦労があった。
空が水色なのは。満月によるもの。

健六の湯、露天風呂、本館内湯、滝見の湯部屋との往復、各温泉を行脚し、(翌朝分を含め1泊での)過去最高16回の入浴達成することができました♪
こうして1日目終了、2日目に続く。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

2019年05月17日(金)  歯科大病院
19-05-17-01.jpg 200×150 29K本日は口腔ケアを受けるために、歯科大附属病院へ。産休でお休みだった、担当の歯科衛生士の方に久しぶりに見てもらうことになりました。
前回より4ヶ月。きちんと口腔ケアを行っているつもりでしたが、少し汚れが残っていたようです。やはり手術を受けた右側に残っていましたか。何度か指摘を受けているのですが、無意識に手を緩めているのかもしれないです。

次回予約表元号令和に変わっていました。こうして慣れていくのでしょうね。

 <本日の物欲>
 明日のセーラー服(5) / 博 / 集英社
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

過去ログ 2005年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 07月 


Top Page へ もどる