ともりんのひみつ?日記

色付き部分のサムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます(一部除く)。

2020年06月21日(日)  部分日食(at 新潟県村上市)
本日の日食は、アフリカからアジアにかけて金環日食となるもの。夏至の日に、しかも北回帰線を通る台湾で金環日食を見るという、昨年12月にお世話になったTICさんのツアーにとても興味をもっていたのですが、コロナ禍の影響で渡航ができない状態に。仕方がないので国内部分日食を楽しむことに。日本では夕方、西北西に見える現象。(数週間前から)ネット下見をして富士山連続食分の撮影をしようとし、御殿場市で下見をしたの先週のこと。しかし、梅雨時期とあって、本日は雨予報とのこと。急遽、予行演習&本番も晴れそうな、伊豆半島南端(石廊崎付近)でリハーサルしたのは昨日のこと。しかし、梅雨前線が急速に北上するとの予報に、伊豆半島も曇り予報に(涙)。数日前からスーパーコンピューターの予報とにらめっこしていたのですが、(数日前から)新潟県(特に北部)は雲一つないという予報。最後の手段として、新潟行きも(並行して)検討していたのですが、結局本日、それを決行することに。前日リハーサルができなかったこと、とここ3ヶ月ほど長距離を運転していなかったことに、多分の不安を残し。
スーパーコンピューター予報の最終確認をして、6時頃に家を出発。首都高横浜北線→東名→圏央道、そして関越道へ。家を出発時には今にも降りそうな空でしたが、群馬県内では本降りに。こうして関東地方の北端、関越トンネル(を越えること)に挑むことに。迫る谷川岳(この後と含めセルフタイマーで撮影)、国境の長いトンネルを抜けると、青空となりました。よっしゃー!
新潟県に入って朝食のつもりでしたが、コロナの影響で軒並み開店時間が遅くなるとのこと(涙)。新潟方面では最後となる食事ポイントである栄PAで何とか食事することができました。かき揚げ天そば+ミニカレーを頼みましたが、これが本日唯一の食事になるとは。こうして、日本海東北自動車道へ。荒川PAで最後の休憩へ。ここからは、見事な水田地帯パノラマを望むことができました。
お昼頃に、意中の村上市市街へ。意中のポイントに向かっている時、深いコバルトブルーの日本海が目の前に広がりまして、我慢できず鉄道撮影もすることにしました(笑)。
むかったのは、昨年10月a2cさんに紹介していただいた間島付近のトンネルの上。昨年は、山の上から村上方面を撮影し、間島方面は撮影できなかったのですが、ようやっと撮影することができました。それも青い日本海と。

「日本海を見る間島の町を駆け抜ける」
13時15分 50mm(35mm版) 1/1000秒 f7.1 ISO400
羽越本線 村上-間島間(地図)
間島駅より徒歩15分ほど(目測)
午前順光(早いと山の影になる)
<コメント>
間島を後にするいなほ8号(8M)、同を35mmでも撮影。
線路から離れるように見える道は旧線である。

日食撮影地の選定ポイントは、連続食分に適した風景がある、望遠鏡を設置できる固い地面があること、そして機材搬入に便利な駐車場が近い。最後に、長期戦になるのでトイレが近くにあることです。それらを勘案し、観測&撮影したのは海府ふれあい広場(外)。以前、鉄道撮影の際に立ち寄った場所なのですが、そういったところが引き出しになりますねー。しかし、(調べたところ)立ち寄ったのが13年6月(7年前)だったのに、驚きましたが(汗)。
機材を組み上げ、このように展開青い海が、とても気持ちが良かったです、同所でのパノラマです。機材の極軸を決めようとしたところ、コンパス(方位磁針)を忘れていたことが判明(大汗)。スマホも(諸事情尾もあって)アプリを使っていない状態なので、どうしようかと思っていたところ。航空写真にて海府ふれあい広場さんの駐車場のラインがちょうど東西に走っていると判断。真東に立って、ラインの先、真西に見える佐渡島の山を参考に方角を導き出しました。佐渡島が見えててよかった〜。そして、だいたいの北にむけ傾斜計を用いて、赤道儀のセッティング。今回、いつも以上に追尾精度高かったような。あれ?(笑)。
望遠鏡とカメラをつなぐTリングに"がたつき"を感じた瞬間。カメラがぼろっと落ちました(汗)。上手にキャッチしたのでカメラは無事だったのですが、内側リングが脱落したので(ともりん号装備の)精密ドライバーで補修しました。こうして、望遠鏡のピント調整へ。約80km離れた佐渡島でと思いましたが、逆光で判断できず。方向を変え岩船沖油ガス田プラットフォームを撮影。東北電力東新潟火力発電所の(4本の)煙突もクリアに撮影できたので、ピントがきちんと合った様子。

「穏やかな岩礁に部分日食を経過した太陽が沈む」
Ai NIKKOR 35mm(F2)+Nikon D850 1/6〜1/160秒 f5.6 ISO400
15時57分〜19時07分 5分おきに撮影した60枚と19時12分(1/400秒)のものを比較(明)合成
新潟県村上市 海府ふれあい広場内(地図)

「部分日食、全過程」
タカハシFS60CB(D=60mm f=355mm)+Nikon D610 1/4000秒 ISO25
16時07分〜18時02分 5分おきに撮影した24枚のものを合成(左上から右下へ)
新潟県村上市 海府ふれあい広場内(地図)

同を横に並べたもの、太陽の前を月が通過するのを分かりやすくなる一助になれば

部分日食をスマホでも(コリメート法で)撮影することができました。南の方角を見ると梅雨前線の雲が、これを越えてきてよかったです。全天写真でも雲一つないことが分かっていただけるかと。最後に日の入りを堪能して終了。

「だるま太陽」
19時05分 355mm(35mm版) 1/3200秒 f5.9 ISO25
新潟県村上市 海府ふれあい広場内(地図)
<コメント>
見た目では一瞬グリーンフラッシュが見えた直前

撤収作業中にも佐渡島粟島を望むことができました。実は佐渡島を見るのは、今回は初めてでした。最後に夕空とともりん号を撮影して、海府ふれあい広場を後に。お世話になりましたー。

撮影後、(何度か利用させていただいている)瀬波温泉野天風呂 湯元 龍泉(外)さんへ。数時間ほど潮風を浴び体がベタベタになっていたので、さっぱりしました♪
入浴後は牛乳、でしたが売り切りだったで(涙)、コーヒー牛乳を楽しみました。

この後、帰路の路に着くことに。堪能できた今回の部分日食の成功をに、体力&気持ちを切らさず乗り切ることができました。
本日は約900km、昨日は約400kmと、この2日間で1300kmほどの運転に。2ヶ月ぶりの長距離運転となりましたが、リハビリとしてはハードなものになってしまいました(汗)。
Trackback(0)
コメント
Name   Message   

過去ログ 2005年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 04月 06月 


Top Page へ もどる